ふくかんねっと(福島韓国語・韓国文化ネットワーク)
トップページへ
事業一覧
韓国語・韓国文化講座
韓国料理講座
交流事業
ホームステイ事業
インターンシップ事業
講演・イベント
福島の観光促進事業
ふくかんねっとについて
団体概要
活動スケジュールと報告
スタッフ紹介
新聞記事から
ちょん・ひょんしる
著書の紹介
コミュニティ
韓国の地域情報
韓国の詩
チルチリWEB韓国語講座
福島のおすすめ地域情報
福島の方言と韓国語




Copyright (C) 2002 Fuku-Kan-Net All Rights Reserved

 
   事業の目的
   
  NPO法人ふくかんねっとでは、日韓交流および福島の観光事業活性化、国際地域としての発展を目的として、韓国の大学生を対象とした「インターンシップのコーディネート事業」を実施しています。

インターンシップ受け入れ事業は、韓国人大学生の日本での事業所体験において、互いが異文化理解・異文化交流を実践的に学び、開かれた国際社会・国際人を育成することを目的とするとともに、日本的な文化体験や周辺の観光などを取り入れた事前研修等、単にインターンシップ生を就業させるだけでないふくかんねっと独自のプログラムによって、今後社会人となり世界に羽ばたく学生が福島と深くつながりを持ち、将来において福島の観光や産業発展への寄与、受け入れ先企業の韓国とのネットワークづくりや国際企業としてのイメージアップを大きな目的としています。
   
   ふくかんねっとならではの取り組み
   
  実績とノウハウがあります
  本格的なインターンシップコーディネート事業は、2005年より開始しましたが、その事業の中で、韓国の大学教授、俳優、教員、学生、一般市民などさまざまな人や組織とつながりを持ち、インターンシップをはじめ、交流イベント、講演会など数々の事業をコーディネート、運営してきた実績とノウハウを既に持っております。
   
  福島でインターンシップ受け入れすることの大きな意義
  ふくかんねっとのインターンシップコーディネート事業は、前述した活発な日韓交流の中でのふくかんねっとの対応が評価され、韓国側および受け入れ側からの要望に応える形で事業化した次第です。

その背景には、福島という地方都市において、都会では得られない人の温かさや自然の美しさが体験できることにあります。

ふくかんねっとでは、ただ単にインターンシップ生を就業させるだけでなく、日本的な文化体験や周辺の観光などを研修やプログラムに取り入れ、福島という地域を満喫してもらうことも目的としています。

これまでふくかんねっとを窓口としてインターンシップやホームステイ、交流イベントで訪れた韓国人のほとんどは、「また福島に来たい」と言っています。その言葉通り再び福島を訪問した韓国人も複数います。最初の来福の機会がなければ、日本においては大きな特徴を持たない福島には決して訪れることはなかったでしょう。

福島には韓国便が発着する福島空港があり、韓国人が好むゴルフ場や登山地などの観光資源が豊富であり、観光地としてのアピールがしやすい県です。今後社会人となり世界に羽ばたく学生を継続して福島に受け入れる意義は想像以上に大きいと考えています。
   
   インターンシップ生受け入れのメリット
   
  アジアなど海外ビジネスや交流を現在展開中あるいは今後展開予定の団体・企業様において韓国とのネットワークづくりになります。

国際企業としてのイメージアップが図れます。

新聞、テレビなど各マスコミがパブリシティとして取り上げますので広告効果が得られます。

外部からの人材活用によって、社内の活性化が期待できます。

   
   ふくかんねっとのリスクマネージメント
   
  ・受け入れ先における事故・損害に関しては、事前研修において注意を促すとともに保険に加入します。

・学生の体調不良に関してはふくかんねっと提携のホームドクターが対応します。また、メンタルケアは、資格を持ったカウンセラーが対応します。

・機密漏洩に関しては、学生には実習を通して得た企業の内部情報について将来にわたり第三者に漏洩することのないよう誓約書を提出させていただきます。

・インターンシップ生は、日本語を韓国で学習してきますが、独特のビジネス用語や日本文化に関する事前研修を「ふくかんねっと附設日本語日本文化研修センター」で実施いたします。

・受け入れ期間中は、ふくかんねっとが学生および受け入れ団体・企業様に随時訪問、ヒアリングし、不満などの問題解決にあたり万全のフォロー体制を整備しています。
   
   インターンシップコーディネート実績
   
  2007年4月
時期:2007年4月~2007年7月
参加学生:韓国天安市 白石(ペッソク)文化大学より1名

2005年度
時期:2005年10月~2006年1月
参加学生:韓国天安市 白石(ペッソク)文化大学より3名
受け入れ企業・団体:福島県国際交流協会、福島県立盲学校、中国料理石林、博向堂書店
   
   受け入れ企業からの評価
   
  ・2005年度
  【福島県国際交流協会様】
1ヵ月に1名ずつ3ヵ月間受け入れましたが、みなさん日本語が堪能でまったく支障がありませんでした。仕事も与えられたものだけをこなすのでなく、積極的に仕事を探してやっていく姿勢に感心しました。 また次回も来ていただきたいと思います。

【福島県立盲学校様】
日本語が本当に堪能で驚きました。ぜひ毎年恒例で受け入れを希望いたします。

【中国料理 石林様】
長い時間のハードな立ち仕事にもかかわらず本当に頑張ってくれ、立派な戦力として活躍してくれました。日本語がとても堪能で驚きました。

【博向堂書店様】
最初の1ヵ月は業務を教えるのに苦労しましたが、頑張っている姿に好感が持てました。